糖尿病本来の症状はさまざま

比較的早期に出る症状としては、お腹が空いて異常に食欲がある、のどが渇くなどがよく知られています。
のどが渇くのは、ブドウ糖をたくさん含んだ血液は浸透圧が高く、このため尿が多くなり水分が体外に出てしまうからです。
そのため、よく水を飲むようになり、トイレに行く回数も多くなります。
この状態を放っておくと、食べたものが十分に利用されないために、体がだるくなったり、疲れやすくなります。
また、食べても食べても痩せてきます。
これらは、糖尿病がかなり悪化してきたときの症状です。

美容健康通販特集.com
コスメ・化粧品・美容グッズ・健康サプリなど、美容と健康に関する通販情報を発信しています。
続きを読む

冷え対策のキモは足元

下半身の冷えは、妊娠力を下げる大きな原因です。
とくに足元が冷えると、血流が悪くなって全身にも影響があります。
足首には卵巣や子宮にまつわるツボもあり、女性にとっては非常に大事なパーツです。
靴下やレッグウォーマーなどで、温めることを意識しましょう。
続きを読む

呼吸と自律神経には深い関係がある

腹筋を使ってゆっくりと深く行う腹式呼吸は、リラックスしているときに働く副交感神経を優位にします。
それにより、ホルモンの分泌や免疫の働きが活発になるのですが、つねに浅い呼吸(胸式呼吸)を繰り返していると、緊張したときに優位となる交感神経ばかりが働くようになってしまいます。
その結果、精神も不安定になりやすくなります。
忙しく、プレッシャーを感じやすい生活が続くようなときは、腹式呼吸を心がけることが、ストレス軽減の助けになるでしょう。
続きを読む

よい姿勢を意識することが大事

鏡などで自分の全身を見たときに、肩の高さが違っていたり、左右対称でないことに気が付くことも多いかと思います。
ただ、体内では内臓も左右対称ではないので、完全に左右がきれいにそろっているということはありません。
しかし、その程度がひどくなると、特定の筋肉だけを酷使するようになったり、姿勢が乱れてきたりします。
それが肩こりを誘発していることも考えられます。
そこで、こまめに鏡で全身の左右のバランスをチェックし、よい姿勢を意識することは、マッサージを行うよりも効果的な場合もあります。
続きを読む