朝9時以降にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインが効果を発揮できるかどうかは、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドの一種「コルチゾール」の血中濃度で決まるといいます。
朝の8~9時は、体の覚醒を促すために、コルチゾールの血中濃度がもっとも高くなる時間帯です。
つまり、カフェインの効果がもっとも期待できないタイムゾーンなのです。
起床後1時間程度は眠気を覚ますコルチゾールが血液中で高くなっているため、コーヒーに含まれるカフェインの効力が少なくなるといわれています。
続きを読む